THE SKY'S THE LIMIT
16 FALL WINTER COLLECTION



1950年、訓練演習を行っていたイギリス空軍(Royal Air Force Squadron=RAF)は、そのさなか、そっくりそのままインディゴ色の地平線に消えました。それから数年が経ったとき、飛行機の翼部分が見つかり、そして'the Road of Bones'(現ロシアを横断するハイウェイR504 Kolyma Highwayの通称)沿いの人里離れた冬の地域に、まるで風景画のように機体本体が埋もれていました。しかしながら、パイロット、ナビゲーター、その他クルーなど、飛行隊の元乗組員全員の亡骸はすべて消えていました。地元のシャーマンは周りの住民たちのために、イギリス空軍の飛行機をスピリチュアルなオブジェとし信仰の対象に変え、彼らは'Legend of the Lost Squadron(失われた空軍戦隊の伝説)'が皆から賞賛されるよう高尚なものとするために、機体にさまざまな装飾をおこないました。

In 1950 an entire Royal Air Force Squadron vanished in an indigo horizon while on training maneuvers. Years later the planes were discovered, embedded in the landscape in a remote wintry area along the Road of Bones. All evidence of the plane's original occupants - the pilots, navigators and crew - had vanished. A local shaman had converted their vessels to objects of spiritual reflection for nearby tribes - decorated and embellished to glorify and ennoble what became the Legend of the Lost Squadron.

デンハムの16 FALL WINTERコレクションは、伝説になるほど有名な、イギリス南部で開催されるヨーロッパ最大のミリタリーヴィンテージイベント 'War & Peace Revival Show'へ来展(巡礼)からスタートしました。

The F16 Collection began with a pilgrimage to the last ever occurrence of Europe's largest military vintage event; the legendary War & Peace Revival Show.

デンハムのデザインチームは、まばゆいばかりにある多数のビンテージの航空機を見ながら、空軍と関係のあるユニフォームとそのマテリアルを探していました。その中で'Legend of the Lost Squadron(失われた空軍戦隊の伝説)'の物語と出会い、そのスピリットからインスピレーションを得ました。それもさることながら、このリサーチの中で、空軍が持つモダンなデザインコンセプトと、それに隠れた構造のアイデアに大変驚きました。

The design team explored a dazzling array of vintage aircraft as well as air force related uniforms and materials. Inspiration came from the spirit of the story; The Legend of the Lost Squadron - but also from surprisingly modern design concepts and structural ideas hidden in and amongst this research.

デンハムの新たなアイデアは、クラッシックなミリタリーウェアのアップデートをイメージし、イギリス軍のジャンプパーカー、B9ジャケット、A2ボンバージャケット、また、図柄の大きいカモフラージュプリント、パラシュートからインスピレーションを受けたカットソーの構造、数々のミリタリー部品など、まさに'The Sky's The Limit(どこまでも空高く)'の表現にふさわしい意気込みで、それぞれからインスピレーションを得ています。

New ideas emerged for the updating of classic garments like the UK Jump Parka, B9 Jacket and A2 Bomber as well as inspirations for large-rapport camo prints, parachute-inspired cut & sew constructions, military hardware specifications and morale expressions like "The Sky's The Limit".

そのイベントは、機上整備員やエンジン作業員、軍の機械工たちの作業着(汚れたダンガリー)を取り上げて、デニムに新しい人生を吹き込むことができる絶好な雰囲気でした。デンハムの今シーズンのデニムウォッシュは、まさに機体の改修を彷彿とさせるようなテクニックで描きこまれています。

The atmosphere of the event was perfect for breathing new life into denim with its emphasis on air-mechanics, engine-work and the ubiquitous dungarees of military machinists. Fall jean washes include painted technique reminiscent of vehicle refurbishment.

またデンハムのキャンペーンチノコレクションも、ミリタリーグリーンや、カモフラージュやカーキの色合いを取り上げ、今季のテーマの中で強いトレンドを再提案しています。

The spirit of our Campaign Chino group also represented a strong current within the theme with its celebration of legion-green shades, camo and khaki.

デンハムのデザインチームは、さらに16FALL WINTERコレクションのテーマを深く探り、ミリタリーパッチ(階級章)の多様さと、驚くべき芸術的な世界を発見しました。パイロットジャケットなどを含むミリタリーウェアの「特別な」要素と考えられているミリタリーパッチは、手描きでデザインされたものもよくあり、政府公式の勲章とは別に、友愛や友情のスピリットを意味して作られています。時々縁起の悪い不吉なデザインや、お茶目でふざけたデザインがありますが、そういったパッチはいつでも魅力的です。デンハムはそれらから得たインスピレーションをもとにし、パイロットジャケットスタイルや、エナメルピンバッチ、Tシャツのグラフィックなどにミリタリーパッチのデザインを採用したシリーズコレクションを作り上げています。

The Denham design team dug into their F16 collection theme and discovered the diverse and surprising artistic world of military morale-patches. Regarded as "extra" elements of military uniforms, including pilot jackets, morale-patches are often hand-painted and represent a spirit of camaraderie outside the conventions of official government insignias. Sometimes sinister, sometime playful but always fascinating, Denham has created their own interpretations in a select series of pilot-jacket style patches, enamel pins and tee shirt graphics.