PAUL SMITH & JASON DENHAM INTERVIEW

ポール・スミスとジェイソン・デンハム

ポール・スミスとジェイソン・デンハムが初めて出会ったのは20年以上前のロンドン。今年の4月、ベルギーのファッション誌「フィーリング・マガジン」に掲載された2人のインタビューによって、彼らは久しぶりに再会しました。スターデザイナーであるポール・スミス、そしてデンハムジーンメイカーのジェイソン・デンハムは、インタビューの中でファッションや日本、そしてナンセンスな"ITバッグ"について話し合っています。

PAUL SMITH & JASON DENHAM

They met for the first time in London more than 20 years ago. In April '16 Feeling Magazine brought them together again: star designer Sir PAUL SMITH and JASON DENHAM from jeans label Denham. It's all about fashion, Japan and the nonsense of it-bags.
DOOR MICHAËL DE MOOR FOTO'S: LIESBET PEREMANS

20年以上前、当時はぐれもののイギリス人青年だったジェイソン・デンハムは、デザイナーになることとはどういうものかを尋ねるため、ロンドンですでに大きな存在となっていたポール・スミスのもとを訪れます。スターデザイナーのポール・スミスは、驚いたことにジェイソンのためにかなりの時間を割き、ジェイソンに対し、自分自身の心に従うこと、もっとファッションを研究することなど、賢明なアドバイスを与えたというアメージングストーリーから彼らの関係は始まりました。

It's an amazing story. More than twenty years ago Jason Denham, a young British rogue, goes to the already large Paul Smith in London, because he wants to ask him what it's like to be a designer. And to his surprise, the star designer actually takes some time for him. In fact, he gives him the advice to follow his heart and to study fashion, a wise advice that Jason followed.

ジェイソンはその後デニムブランドであるデンハムジーンメイカーを創業し、今ではアムステルダムに6店舗をオープン。そして世界各国でブランドが販売されるほど大きな成功を収めています。特に日本のマーケットにおいては、コレクションの一部が生産されるなど、オランダと同様にブランドの大きなセールス拠点となっています。

And with success: meanwhile Denham has opened more than six boutiques in Amsterdam and is selling all over the world. The Japanese market is a big selling point and as well a place where a part of the collection is produced.

陽がさんさんと降り注ぐ冬のある日、ジェイソン・デンハムはロンドンのポール・スミス本社を訪れ、デンハムブランド5周年の際に制作した大型豪華本と、裁断用の巨大なはさみの2つのギフトをポール・スミスに手渡しました。

On a sunny winter day, we are in the Paul Smith headquarter in London, where Jason Denham handed two gifts to Smith; a coffee table book about Denham and a large scissors to cut fabric.

ポール・スミス(以下P):私は"はさみ"が大好きです!面白いことに人はすぐ"はさみ"のことを愛し、自分のはさみに名前まで名づけてしまいます。昔、私はインドで彼ら(はさみ)をたくさん買いました。彼らはとてもカッコよかったけど、ぜんぜん働いてくれなかった(笑)

PAUL SMITH: "I love scissors! The funny thing is that people immediately become attached to their scissor. They put even their names on it. Once I bought a lot of them in India. They weren't working very properly, but looked very good. (laughs)."

ジェイソン・デンハム(以下J):これはアメリカからやってきたはさみですよ。

JASON DENHAM: "This one comes from the United States."

P:それは私にもわかります。アメリカのものはなんでも巨大だからね。という話は横に置いといて、あなたへのギフトを準備してなくてすまない。ここのとこ少し忙しくて、実は先週は5つの国に訪れ、パリのファッションウィークではポール・スミスのメンズショーをおこなっていました。

PAUL SMITH: I can see that, everything is bigger in the United States (the scissor is enormous). Besides I'm sorry that I haven't a gift for you. It was a bit busy lately. Last week I went to five different countries and the Men show of Paul Smith at Fashion week in Paris.

J:まったく問題ありません。あなたはすばらしいインスピレーションを私に与えてくれました。それはどんなギフトよりも重要なものです。あなたはクロージングにおける重要なディティールについて私に話してくれました。そのことは今でもまだ覚えていますよ。私はあなたのブランドよりはるかに規模の小さいブランド、デニムレーベルを運営していますが、デンハムがここまで成長した大部分の理由はあなたのおかげです。あなたはとても思いやりのある真のジェントルマンです。あなたのオフィスに訪れたとき、私はグラフィックやファッションを勉強したかったかどうか本当のところわからないとあなたに打ち明けましたが、オフィスを出たときには、それがファッション産業であることを確信しました。

JASON DENHAM: "It doesn't matter at all. You have inspired me, that is much more important than a gift. At that time, you told me how important details in clothes where, that's still something I always remember. I have a brand much smaller than yours, it's more a jeans label, but for a large extent you are the reason that I've come so far. You were very sympathetic, a real gentleman. I said that I wasn't sure I wanted to study graphic or fashion, but when I left your office, I was totally convinced that it would be the fashion industry."

P:マーク・ニューソン(オーストラリアの世界的なプロダクトデザイナー)も最近同じことを言っていました。「かつてあなたは私に1つの事を話してくれました。そしてそれは私の人生を変えてくれた」と。でも私は彼に何のことを話したのか忘れてしまいました(笑)。笑える話でしょう?

PAUL SMITH: "Marc Newson (designer, red.) Did the same recently. 'Once you told me one thing, and that changed my life' he often says. But I still don't' know what I exactly told him, that's hilarious."

J:私は、あなたがどのようにブランドをスタートしたか、そしてあなたが妻と一緒に働くことについてどのように相談したかを尋ねました。その時点では私の計画は白シャツのように白紙でしたが、あなたがエキサイティングに情熱をもって話してくれたとき、鳥肌が立ったことを覚えています。'The truth is in the details'(神は細部に宿る)という格言はデンハムの信念として掲げていますが、この言葉をあなたが話してくれた中から拾いあげたのは確かです。

JASON DENHAM: "I asked you how you started and you talked about how you worked with your wife, how to build your collections, at that time it were mostly white shirts. You talked so excited and with such passion about it that I got goose bumps. 'The truth is in the details', is something Denham believes in, and somewhere I'm sure that I've picked that from you.

P:実際に私の最初の仕事のうちの1つは、白シャツのフリーデザイナーでした。よく人々は「白シャツって別に特別なものじゃないよね」と言いますが、そのとき私はいつもこう答えています。「ええ、でもこの白シャツは袖がディープで、あの種類のコットンで、それらのボタンを使用し、特別なステッチを施し・・・」

PAUL SMITH: "Indeed one of my first jobs was freelance designer of white shirts. Often people said: 'It's just white shirts, that's not that special'. Then I always answered: 'Yes, but these white shirts are with deep - sleeves, that kind of cotton and with those buttons, and special stitching...."

J:今また鳥肌が立った(笑)

JASON DENHAM: "Now I get goose bumps again (laughs)".


デザイナーたちへのプレッシャーは、日々大きくなっています。
これをどのように扱うべきですか?


THE PRESSURE ON DESIGNERS IS HUGE THESE DAYS.
HOW DO YOU DEAL WITH THAT?

P: 私はいろいろなコレクションをデザインし、一年の間でそれぞれのコレクションのショーがあります。それは本当に大きなプレッシャーです。例えば嘆かわしいアレキサンダー・マックイーン(2010年、自身の人生をステップアウトすることを選択したデザイナー)について。私は彼をよく知っていたし、彼が来たときフランチャイズが何であるか知らなかった彼に、私はたくさんのアドバイスを与えました。しかし明らかに彼はすべてのプレッシャーを対処することができませんでした。ファッション業界は狂ったメリーゴーランドです。世界は気が変になったなと私はつくづく思います。
幸運にも、私は会社でとてもリラックスしながら働いています。そこにはヒエラルキーなど本当になくて、みんなが毎日すばらしい雰囲気の中で働いています。それはまるでスポーツのようで、リラックスして仕事しているのであれば、うまくできるチャンスは増加します。
私の家のホームヘルパーであるポーリーンは本当に良くできた女性で、いつも私の両足を捕まえてくれ、地に足をつけてくれます。 私はよくおかしな行動をとりますが、いったん家に帰れば私は彼女のもとで落ち着くことができます。ある日のことを私は良く覚えているのだけど、私はイギリスの首相とランチをとった後、その足でそのままニューヨークへ飛び、その日のうちにまたイギリスに戻ってきたことがありました。とても狂っていますよね。 私がその夜に自宅へ戻るとポーリーンはこのように言いました「あなたは今日ガレージに車を入れなければならなかったことを知っていますか?(笑)」その言葉は私が日常にしっかり両足をつけ続けることを助けてくれました。
あなたも知っているとおり、ファッション業界に蔓延しているプレッシャーのすべてはばかげていて、本当に必要なものではありません。実際それは純粋な欲の塊で、実はすべてがでたらめです。私たちは自由であり私は恵まれていました。そういう環境でなければ私は今までやってこれなかったと思っています。

PAUL SMITH: "I design various collections, there are several shows a year and indeed the pressure is enormous. For example the sad Alexander McQueen (designer who chose to step out of life several years ago, ed.), I knew him well and have given him a lot of advice, he even didn't know what a franchise was, when he came to me. Clearly he couldn't deal with all the pressure. The fashion industry is a mad carousel, hé. The world has gone mad, I often think. Luckily I work in a very relaxed company; there isn't really a hierarchy, every day we work in a nice atmosphere. It's just like sports; if you're relaxed, your chance of doing well increases. A good woman at home helps also - Pauline has always held my both feet to the ground. I do a lot of crazy things, but once I'm home, I'm safe with her. One day, I still remember it well, I had a lunch with the British prime minister and then I flew to New York and back, all the same day. That was crazy. In the evening I came home and Pauline said: "You know that the car had to go to the garage today, right?" (laughs). That helps to keep your feet firmly on the ground. You know, all the pressure in fashion is ridiculous and really not necessary. In fact, it's pure greediness, so actually everything is bullshit. I am blessed that we are independent, otherwise it would be much more difficult.

J:その点はまったくそのとおりだと思います。本当に世界はおかしくなりました。世の中の動きは、常により速くなければならなくなり、特にソーシャルメディアのプレッシャーはとても影響力をもつようになりました。でも、あなたがしっかり意識的にコントロール下に身を置いているのなら、あなたは間違いなく安泰だと思います。
「周りを見ないで、自分自身だけを見なさい」と私はいつも言います。私たちは楽しみながら仕事し、好きなものを生産する。こういうことが結局重要なことなんですよね。私たちは世界で最大の企業になることはありませんし、それを目指す必要もない。

JASON DENHAM: "I think Paul has absolutely a point. Indeed the world became crazy. Always it has to be faster and the pressure of social media has become super influential. But if you keep yourself under control, it definitely succeeds. 'Don't look at others, but only look at yourself', I always say. We have fun during work and we produce what we love, that's what counts after all. We will never be the largest company in the world, but we don't have to."

P:確かにあなたは一番に大きくなる必要はありません。実際、私たちのブランドは今より5倍大きくなる可能性がありました。でもそうなる必要はなかった。それと、あなたがソーシャルメディアについて話したことは、まさにそのとおりだと思います。ソーシャルメディアはナンセンスでしかありません。私はイタリアに家を持っているのですが、その家の近所の娘さんに、ロンドンに1回行きたいかどうか尋ねてみました。彼女はそれを望んだので、彼女の両親にも同じことを尋ねてみましたが、彼らはそれを望みませんでした。 彼らはロンドンはおろか、数キロメートル先にある次の村に行く必要もないのです。人生におけるそのシンプルさが私は好きなんです。

PAUL SMITH: 'You certainly don't have to be the largest one'. We could be five times bigger, but we don't need to. And indeed what you say about social media is so true: it's often no more than nonsense. I have a house in Italy, and I asked the neighbor if his daughter doesn't want to come to London one time. She wanted that, so I asked her parents too, but they didn't want it. They don't even need to go to the next village, a few kilometers further. I love that simplicity in life."


あなたはコレクション制作に、どれくらい近くでまだ関わっていますか?
あなたのブランドがより大きくなることで、それに関わることは難しいのでは?


HOW CLOSE ARE YOU STILL INVOLVED IN THE CREATIVE PROCESS?
ISN'T THAT SOMETHING THAT WOULD BE MORE DIFFICULT WHEN YOU GET BIGGER AND BIGGER?

P:その問題はすでにラフ・シモンズ(ディオールの元クリエイティブディレクター)が解決していますよ。彼はクリエイティブするための時間をしっかり確保していました。私は今朝6時に起きてスタジオに来ていました。私はいつもとても長い時間働いています。なぜなら、必ず自分でコレクションをチェックしたいからです。 以前、テレビの撮影で彼に会ったとき、私は彼を褒め称えながらこう考えました。私は彼よりも優れていることはできないけど、彼よりも長時間働けるって(笑)

PAUL SMITH: "That's the problem that Raf Simons (former Creative Director of Dior red.) Already raised, he had barely time for that. I was up at six o'clock in my studio this morning. I work very long hours because I necessarily want to see the collection. You know, once I saw someone on television that I admire and I thought: I can never be better than him, but I can work longer hours (laughs). Ach, nobody needs a designer again, so you better be different from the rest. And don't attract what Prada or anyone else does. The same goes for magazines, we love it, but they aren't the Bible for us."

J: あなたの全てに共感します。実際、私たちはトレンドを追うことはしません。なぜなら、それを行うことで自身の個性が失われてしまいます。自分自身のアイデア、それが大切だと思います。

JASON DENHAM: "I totally agree with you. We also don't searching for trends, because ones you do that, you're lost. Your ideas, that's what counts."

P:私たちにはすでに十分なアイデアがあります。そのアイデアをまとめて話すことは簡単ですが、それらを実践し、納期どおりにデリバリーし、支払いを受けとるまでには、いろんな困難があるんですよね。

PAUL SMITH: "We do have enough ideas. To formulate them is simple, but to work them out, deliver on time, and importantly be paid for, is a lot harder."


2016年のファッションはあなたにとってどんな意味を持ちますか?

WHAT DOES FASHION MEAN TO YOU ANNO 2016?

P:たくさんのファッションスタイルを考えないのと同じように、私はあまり多くのことを考えていません。でもここ2年間でいろんなことが変わっていきましたね。私がブランドをスタートしたとき、そのコレクションはフェミニンととられ、世の中の男性に私のファッションを着てもらえませんでした。それが今ではソーシャルメディアやEコマース、そしてさまざまなショップが立ち並んでいて・・・選択肢が多すぎますよね。ジェイソン、私があなたのブランドを好きな理由は、熱心さや特別感があるからなんですよ。

PAUL SMITH: "I don't think about it that many, just as I don't think a lot about style. But there has been changed a lot the last couple of years. When I started, men didn't like to wear fashion because they thought it was too feminine. At the moment, with social media, e-commerce and all those stores that have been opened...there's just too much choice. Jason, what you do, that's passionate and special, for that reason I love it."

あなた方は共に日本でもビジネスを展開しています。

YOU BOTH HAVE SOMETHING WITH JAPAN.

J:私は日本が大好きです。私たちもまた日本においてビッグビジネスを展開しています。今後数ヶ月のうち、デンハムの大きなショップを2つオープンする予定です(3月にオープンしたマリン&ウォーク横浜店、大名古屋ビルヂング店)

JASON DENHAM: "I'm in love with Japan. We have also a big business up there. Coming months there will be opening two stores, which I think is great."

P:実は今朝早く、日本のテレビ局チームと一緒に4時間ほど忙しくすごしていました。日本は、私のエネルギーと希望、また私の才能も理解してくれる場所です。あなたが思い描くマーケティングストーリーに近づくとき、そこであなたは誠実でなければなりません。誠実であれば彼ら日本人はしっかりそのストーリーを突き通してくれます。一時期私は、ヴィンテージジーンズを日本でよく購入したものです。それらをフローラルストリートにある私のロンドン初のショップで売りました。

PAUL SMITH: "Earlier today I was busy for four hours with a team of Japanese television. The place where they understand my energy and hopefully also my talent is Japan. You have to be sincere there, when you come up with a fictitious marketing story, they just pierce trough it. At one time, I used to purchase vintage jeans in Japan, which I sold in Floral Street, my first shop in London.

J:先週東京に行った際、あなたの日本国内の偉業を見ました。とてもすごいですね!

JASON DENHAM: "Last week I was in Tokyo and when I see what you all do there, so great!

P:彼らはあなたの夢を実現してくれます!

PAUL SMITH: "They make your dreams there come true!"

J:とてもすばらしい事言いましたね!

JASON DENHAM: "You said that beautifully."


このインタビューは私たちの「フィーリング・マガジン」のアクセサリー特集ページで掲載される予定です。
それにあわせて、"ITバッグ"の現象についてどう思いますか?


THIS INTERVIEW WILL BE PUBLISHED IN OUR ACCESSORY SPECIAL, SO FOR THAT REASON WHAT DO YOU THINK OF THE PHENOMENON OF THE IT-BAG?

P:ばかげていて不必要。そのような誇大な宣伝やマーケティングの全てはね...私はITバッグスクールの支持者ではないし、それは私にとってリアルなものではありません。実はITバッグについて私があなたに語るとき、ほとんど地下に潜っていると同じぐらい低い声で話していますよ(笑)

PAUL SMITH: "Stupid and unnecessary. All that hype and all the marketing... I'm not a supporter of that school, for me it has to be real. I'm actually so low key that I'm almost underground, when it comes to tell you what I do (laughs)."

J:あなたはデザイナーとして美しいものをデザインする必要があります。それは大切なものを作り出すためであって、トレンドに乗るためではありません。みんなが愛着をもって大切にしてくれる何かを作りたい。それがもっとも重要なことだと思っています。

JASON DENHAM: "You have to design beautiful things as a designer, that is what I find important rather than to ride any wave. I want to make something that people can cherish, that's the most important."

P:まったくそのとおり。これまで私がセレブ達に洋服を決して贈らなかった理由がそれです。私は人々が本当に着たい服を常々追い求めていました。なぜなら、みんなが求めているものは与えられた洋服ではないからです。ITバッグは常にセレブBやCやDと共に世間に露出していますが、有名なのはかろうじて1年だし、大半はセレブに値しない人達ですよね。

PAUL SMITH: "Absolutely, that's the reason why I've never given away clothes to celebrities. I always wanted that these people actually wore the clothes because they wanted it, not because they got them. With the IT-bag it always goes about the B, C or D celebrity; people who are barely a year famous and don't deserve that title at all.

J:デビッド・ボウイがあなたの洋服を好んで着ていましたよね。あれはかなりパワフルだった。

JASON DENHAM: "You dressed your friends like David Bowie. That's a lot more powerful."himself."

P:ええ、彼はとても良い親友でした。でも私たちは彼に洋服を上げたことは一度もありません。彼が自分で全部購入していましたよ。

PAUL SMITH: "It was a good friend, yes. But we never gave him clothes, he bought it all by himself."


お互いがどのようになることを望んでいますか?

WHAT DO YOU WISH EACH OTHER?

P:健康と幸せです。

PAUL SMITH: "Health and happiness".

J:それはたしかにとても重要ですね。

JASON DENHAM: "That is for sure the most important".

P:人々はとても裕福になったり、まだ若くして死ぬこともあったり、8回も結婚したりすることもあります。でも、みんな健康なしでは生活することはできません。また「己の信念を曲げない」こともとても重要。人々は常に私の会社を買収しようとしています。もし仮に売ったとしたら、たくさんのお金を受け取ることができるかもしれないが、私にそれは必要ありません。私はMiniでドライブすることと、まったく信用できない妻を持っているだけでもう十分なんです。多くの人々は、まるで事業計画のような人生を送ります。それは全て計算済みの人生...正気ではありません。私は1960年代に育ちましたが、その時代は自分が望んだものは何でもすることができましたが、残念なことにそれは全て変わってしまった。時々深呼吸しつつ、好きなようにやってみることも大切です。そしたら全てが良い方向に向かいますよ。

PAUL SMITH: "People can be very rich and still die young, or marry for the eighth time. But you can't live without a good health. Also very important: 'stick to your guns'. People always try to buy my company. I would have received a lot of money out of that. But I don't need it, I'm driving in a Mini and I have the most incredible wife, that's enough. Many people live their lives like a business plan; everything is calculated...that's insane. I grew up in the sixties; at that time you could do whatever you wanted. Unfortunately, it all has changed. You know, sometimes you have to take a deep breath and do what you like and good at. Then everything will be all right."