CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY デンハムの社会的責任 CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

デンハムの社会的責任

ORTA BLU DENIMからOZONE DENM、ECO-ICEまで常に革新を推進
私たちはデニム業界の一般的な製法よりも少ない水でデニムの色落ち加工が可能な、革新的な染料を使用した商品を定期的に紹介します。
5%のオーガニックコットンと40%のリサイクルデニムを使用しているORTA BLU DENIMを採用。またデニムを生産するために必要な水の量を大幅に減少させるOZONE DENIMの洗い技術を導入した最初のブランドのひとつでした。平均的な洗い製法は40リットルの水を使用しますが、この技術はたった1カップの水のみ必要とします。
さらに2016SSコレクションでは、ECO ICEと最先端のイタリアの仕上げ工程を導入しました。凍結した空気の加圧流を用いることにより、インディゴと生地との間の結合を断ち、自然でバランスのとれた色落ちの再現を可能にします。

デンハムのデニムについて
私たちは世界で最も適切で、支持のある、信頼できるデニム工場との提携に誇りを持っています。デンハムが採用するデニム生地の67%はイタリア製、25%は日本製、5%はトルコ製で、3%はアメリカ製のものを仕入れています。

デンハムの縫製施設
私たちが用いる裁縫設備は全てSA8000(社会的説明責任へのコミットメントを実証することができる国際規格)の認証を受けています。

ヴァージンデニムについて
ヴァージンまたはノンウォッシュデニムは、デンハムのファーストコレクションより展開しており、今後も継続し続けます。洗っていないヴァージンのデニムは、もちろん水ベースの洗濯工程をおこなっていないので、最も環境に配慮したデニム製品です。

アップスケールとリサイクル
デンハムはブランド創業以来、率先してリサイクルとアップスケールの取り組みを推進してきました。デンハムのRE-CUTプログラムでは、6年のあいだ、軍の放出品や廃棄予定のテキスタイルなど、廃棄素材の調達や再処理の開拓をおこない、次世代のためにハイクォリティで新しいアイテムに作り変えてきました。
オランダ軍のキャンバステント、スイス軍のブランケット、フランスのマットレスカバー、廃盤のシルクのパラシュート、ヴィンテージのアメリカ製ブランケット、オランダ軍のブランケット、デッドストックのスウェーデンリネン、オランダのランドリーバッグ、イギリス軍のポンチョ、東ヨーロッパのミリタリータープ、廃盤のスカイダイビングのキャノピー、イタリア海軍のブランケットや中古衣料業者のスクラップ生地のキルティングパネルなど、今まで数多くの資材を再加工しています。

ストアデザインについて
私たちのストアデザインのコンセプト・特徴は、リサイクルの木材や大理石などの古材を再利用しています。また、私たちが使用する店舗什器の大半は、ストアデザインにマッチしたミッドセンチュリーのビンテージピースを使用しています。