THE JEANMAKER ザ ジーンメイカー:ジェイソン・デンハムとは? THE JEANMAKER

ザ ジーンメイカー:ジェイソン・デンハムとは?

デニム職人について

デニム職人について

2008年にオランダ・アムステルダム誕生したDENHAM(デンハム)は、国際的にも名高いイギリス人のデニム職人ジェイソン・デンハムによって設立されました。ジェイソンは、サルトリアリズムとブリティッシュ・アナーキーを組み合わせることで有名であり、世間に高く評価されるイギリス人デザイナーJoe Casley - Hayford(ジョー ケイスリー ヘイフォード)のワークショップにて生地の裁断の腕を磨きました。その後8年ほどデニム業界で働いたのち、デニムコンサルタントの「Clinic+」を設立、その後、国際的なプレミアムジーンズブランドであるBlue Bloodを設立しました。

デニムへの情熱に溢れたクリエイティブチーム

デニムへの情熱に溢れたクリエイティブチーム

ジェイソンは2008年の初めにヨーロッパ、アメリカ、日本などを訪れましたが、その旅の中でデニムの世界が今までの興奮を失い始めているという懸念をいだきました。その後彼はすぐに同じくデニムへの情熱的な志をもつ小さなクリエイティブチームを結成し、アムステルダムにスタジオを設立。ここからデンハムブランドの誕生へつながりました。

伝統を重んじ、しきたりを壊す

伝統を重んじ、しきたりを壊す

「デンハムブランドは、デニムの伝統技術に対して強くリスペクトしながらも、積極的に新しいデザインを取り入れることを強く決意し、伝統と進化のバランスにフォーカスを当てています」デンハムのデザインチームは、全てのデニムに大胆不敵な実験や発明を取り入れ、「ジーンメイカー(デニム職人)」としての誠実なクラフトマンシップ精神を発揮するように努めています。それはデニムだけでなく、デンハムが展開する全てのラインとアイテムの生産についても同じくです。「私たちは顧客に対し、それを見たときに驚きで開いた口がふさがらない、そしてのどから手が出るほどのアイテムを用意しています。そういった魅力あるアイテムを作る唯一の方法は、私たち自身の中に嘘偽りのない唯一のバランスを創造し、現代的なディテールを発明し、近代的な姿勢をはっきりと表現することです」デニムに対してのジェイソンのひたむきな姿勢は、そのままブランドの主要なインスピレーションとなっています。

次世代デニムのパイオニア達へのリスペクト

RESPECTED PIONEER OF NEXT GENERATION JEAN-MAKING - 次世代デニムのパイオニア達へのリスペクト

左からKarl-Heinz Müller(カール ハインツ ミュラー)、Elio Fiorucci(エリオ フィオニッチ)、Adriano Goldschmied(アドリアーノ ゴールドシュミッド)、Renzo Rosso(レンツォ ロッソ)、Jason Denham(ジェイソン デンハム)