【MADE IN JAPAN DENIM】"CROSSBACK" NEW COLLECTION

DENHAMを代表する
CROSSBACKに新作が登場!
CROSSBACKの全貌をお見せします。

21FALL新作のCROSSBACK MIJPVとMIJP。
一目見ただけでわかる完璧なバランスと
シルエットのかっこよさ。
鮮やかなインディゴブルーと
日本製を証明する赤いディティールとの
コントラストが美しい仕上がり。
日本製の空紡糸を使用することで
軽く爽快な穿き心地を実現。

CROSSBACKとは

デンハムを代表するクロスバックは、1840年代のダンガリーの作業用オーバーオールからインスピレーションを受けたキャロットフィット。バックのクロスデザインはここからインスパイアされています。どんな5ポケットデニムでも表現できなかったパターン、デザイン、縫製からできたデンハムでしか作れない1本です。常識では考えられないパターンと、膝裏や裾に施されたダーツ、また7角形のバックポケットなど...。"OTAKU"と自らが称するほど複雑な構造をしています。また、バックのクロスデザインが目を引きますが、履いてみて驚くのは体へのフィット感、そして何より、男くささとモダンとのバランスです。"OTAKU"という言葉を通じた英国と日本の文化の境界が自然に交差する姿であることから、このクロスバックのモデルができました。最大の特徴は、片脚を一枚布で縫製しているため、立体的で動きやすく、膝下を綺麗に見せるだけでなく、強度の高い構造になっています。

CROSS DESIGN1840年代ダンガリーのオーバーオールからインスパイアされたディティール。

7-POINT POCKET手のひら広げた先の7つの点に着眼したポケット。

SIGNATURE DARTS裾と膝裏に施されたダーツにより、膝下の立体的なラインを長年綺麗にキープする特徴的な構造。

691STITCHバックポケットに施されたシザースの刺繍は691針を守って刺繍されています。

DROP-FRONT-YORKウエスト部分の切り替え布がよりフィット感を良くし、強度を高めている。

BOX BUTTONHOLESavileRowで培ったテーラリング技術を駆使した丁寧な仕上がり。

CROSSBACKはここがすごい!

ジェイソン・デンハムが自ら"OTAKU"と称する細かなディティールに加え、 CROSSBACKの最大の特徴は、複雑なパターンにあります。 右のイラストは片脚の型紙を表現しています。通常2枚の生地を合わせて作るところを1枚布で脚を包むように作られています。 外側のサイドシームが存在しない、大胆な発想は、デニム業界を騒がせるほど。セルヴィッチが付けられないのもこの理由からというのが分かります。通常では考えられないパターンの構築を実現し、立体感と膝下の綺麗なライン、身体へのフィット感を兼ね備えたデニムを完成させました。

Tシャツを着るとクロスのデザインは 隠れるため、主張することなくシンプルな見た目に。

CROSSBACKが飽きない理由!?

その理由はスタイリングを見れば一目瞭然。上に説明したディティール、実は着用をするととても馴染むことがわかります。全く主張せずにシンプルなので、履く人によって全く違って見えます。細身でキレイなカジュアルスタイルにも、サイズアップしてゆったりと、アメカジスタイルにも 決まる、万能なデニムとはまさにこのこと。

CROSSBACK MIJPV

CROSSBACK MIJP

【MADE IN JAPAN DENIM】
CROSSBACK MIJPVPrice: ¥51,700 (税込)

ノンウォッシュのきれいめな風合いが特徴的なデニム。バックウエストでクロスさせたベルトディテールとボタンが、クールな後ろ姿を演出します。コットンデニム生地を採用し、穿き込むほどに味わいを増す1本に仕上げています。

【MADE IN JAPAN DENIM】
CROSSBACK MIJPPrice: ¥66,000 (税込)

程よい色落ちやダメージ加工でスタイリングしやすいデニム。バックウエストでクロスさせたベルトディテールやボタンが、クールな後ろ姿を演出します。コットンデニム生地を採用し、穿くだけで味わいが出る1本に仕上げています。