スペシャルスノープロダクト登場

スペシャルスノープロジェクト

DENHAMと241との協業によるプロダクトが
11月19日(金)より限定店舗と
当オンラインストアにて販売開始いたします。

241-GORETEX FLIGHT JK

Price:¥88,000 (税込)
Color: BLACK / BEIGE
Size: M・L・XL

通常のスノーボードジャケットより丈を短く設計、これにより、普段着(タウン)での使用が可能となります。また、分散荷重構造を採用し、ジャケットの肩への荷重を軽減し、よりアクティブな動きを再現。大きな胸ポケットは通常のスノーボードジャケットには少なく、デンハムの要素であるミリタリーからインスパイア、これにより、携帯等の荷物を腹部に収納することなく、屈伸可動粋を広げ、よりスムーズなライディングを演出。
ベンチレーション、ワンタッチフードコード、ライディンググローブ、パウダーガード、背中、左袖ポケット(IC PASS用)、右袖口にデンハムオリジナルグラッフィックを搭載
表素材 : GORE-TEXファブリクス

241-GORETEX EXPLORE BIB PANT

Price: ¥77,000 (税込)
Color: BLACK / CHARCOAL GRAY
Size: M・L・XL

機能的で、スノーシーンのショートジャケットに合わせられる様、Bib Pants を採用。アジャスター付き肩紐、ベンチレーション、サングラス収納ポケットを採用し、さらに、ゲレンデ外でハイク時の為にポケットから裾にかけてコードを挿入しワンタッチで裾を引き上げることのできる"レッグアジャスト機能"を搭載。裾にもドローコードを搭載し、裾幅の広いスノーボードパンツの懸念点を払拭した。SNOW-TOWNのコンセプトに合わせ、ゲレンデのみならず、移動中まで考慮した設計。
表素材 : GORE-TEXファブリクス

241-INSULATED CREW

Price: ¥36,300 (税込)
Color: BLACK
Size: M・L・XL

アウトドアブランドならではの軽量、保温に特化したミドラーは、中わたを採用し、より過酷なスノーシーンでのインナーとして活用。もちろん、タウンでの使用はファッションアイテムとして活躍。軽量設計は道中のドライブにも適して、ゲレンデ到着後、ジャケットを羽織るだけで、すぐにスノーボードを楽しめます。機能と流用性に特化したアイテム。
表面:ストレッチナイロン
インナー:ポリエステル

241-FISHERMAN WOOL KNIT

Price: ¥38,500 (税込)
Color: BLACK
Size: M・L・XL

ゲレンデを見渡しても、スノージャケットの中にニットを着ている人はごくわずか。保温性に特化しているが、アクティブシーンではニットは敬遠されがちです。ウォッシャブルニットを採用することで、ゲレンデでのレストランでは視線を集めるアイテムに変貌。大人の冬ニットとして、タウンでも存在感のあるケーブルニットを採用し、ジップ付きのポケットを両脇に施し、機能面も充実。タウンユース、ゲレンデまでの移動中、滑走中とオールグランドで活躍するアイテム。左腕に241のロゴマークを配置。
素材:Wool 100%

241-GORE-TEX HAT

Price: ¥7,920 (税込)
Color: BLACK
Size: FREE(56~60cm)

表素材にGORE-TEXファブリクスを使⽤した防⽔性と透湿性を追求したハット。肌⾯にはメッシュを配し、汗をかくシーンでもべたつきを軽減。サイドに備えたボタンでツバを留めることができ、スタイルの変化を楽しめる241オリジナルアイテムになります。

241-POCKETABLE FACE MASK

Price: ¥7,700 (税込)
Color: BLACK
Size: FREE

通常のネックウォーマーやマスクは呼吸を妨げる。スノーボードは極限地でのスポーツであるため、呼吸できるか否かは大いにパフォーマンスに影響する。上下をセパレートする構造にすることで呼吸問題を解消し、ストレスフリーで着用。もちろん、タウンでの使用も可能。

SPECIAL SNOW PROJECT アイテムはこちら

※店舗によって展開のない
ショップもございます。
詳しくは最寄りのデンハム店舗に
直接お問い合わせください。

ショップリストはこちら

241 INTRODUCTION

241はスノーボーダー マイク・バシッチの手により生み出されました。
1991年、すでにスノーボーダーとして活動していたマイク・バシッチは、241というブランド名を付けたオリジナルTシャツの販売を開始します。
最初の頃はグローブやソックスなどのアクセサリーを作り、数年後にはスノーボードを快適に楽しむためのウェア作りをスタートします。
この頃スノーボードはウィンタースポーツとして急速に成長し、マイク・バシッチはコンテストのランキング上位に名を連ね、世界各地を転戦する生活を送るようになります。トッププロとして活躍していたマイクですが、彼の欲求はスノーボードを始めた頃のような、より純粋で創造性のあるライディングに向き始めます。良い雪を滑るためにバンを改造し車中泊をしながらアラスカを目指したり、AREA241と呼ばれるプライベートマウンテンを開拓したりと、スノーボードに主軸を置いたライフスタイルを自らの手でつくってきました。
241は、マイク・バシッチと同じようにスノーボードと向き合う多くのスノーボーダーが、より快適により楽しくスノーボーディングできるためのウエアを開発をしていきます。